カンナ

2016年07月26日

CIMG4145

愛の外構工事 創園社スタッフ麻生まゆみです

ピンクのカンナが咲きました

夏の花で、とても情熱的です

葦(アシ)を意味するラテン語が語源となり

茎が葦のように管状になっていることに由来します

 

カンナと仏陀の伝説があるようです

ある日、仏陀の強い霊力を妬んだ悪魔が待ち伏せして、仏陀に向かって大岩を投げ落としました

大岩は仏陀の体には当たらず、足元で粉々になりますが、ひとかけらだけが足の指に当たりました

その傷から流れた仏陀の血は大地に染み込み、そこから赤いカンナが咲いたといわれています

 

情熱の花、カンナにまつわる不思議な伝説は、まだまだあるかもしれないですねぴかぴか (新しい)

 

 

 

お問い合わせはこちらから