外構の打ち合わせを始めるタイミング

2018年03月06日

こんにちは!
すっかり春ですね~ポカポカで気持ちいいです晴れ

 

さて、本日は「外構の打ち合わせって、いつからしたらいい?」という疑問をお持ちの方への記事です

土地を購入してから 間取りを考えてから 家を建ててから はたまた入居してから? 

様々な意見はありますが、創園社では”土地を購入してから”外構の打ち合わせをおすすめしています。

光の向きや日当たり、道路からの視線、リビングからの景色、車を降りてから家に入るまでの導線、駐車場の台数など
様々な視点から家と外構を考えるためです

後は、水道枡や換気口などの位置なども外構と一緒に考えるほうがいいです。
先に設置してしまって後から移動工事するのは余計なお金もかかりますし見た目の良さも保障できない為です。

”外構は間取りを決めてから打ち合わせに来てください”という業者もありますが
家を建てる事や、外構工事をするのに慣れている人は少ないですから
両方の視点から考えて間取りを考えるのは、正直言って至難の業だと思います。

 

後は、資金計画の面でもそうです
家にお金をかけすぎで外構にこんなにかかると思っていなくて困った。
ローンをまた組むのも勿体ない、、でも駐車場がないのは日常生活で不便!
もっと早く考えておけばよかった、、なんてことが多発していますがまん顔

ウッドデッキ、タイルデッキ、サンルーム、、
住んでみてから必要性が分かります。


 

ハウスメーカーは、住宅のプロではありますが、外構はプロではありません。
せっかくお金をかけて工事するわけですから、しっかりとプロにいいものを作ってもらいたいですよね!

創園社では代表の麻生は元大工であり、住宅の事なら何でも相談にのれますので
外壁の色を迷っている、、外構とのバランスを考えるとどの色が正解か教えてほしい!なんて方もお気軽にご相談ください指でOK

 

お問い合わせはこちらから