雨の日の思い出

2016年06月23日

IMG_2745

愛の外構工事 創園社スタッフ麻生まゆみです

朝から雨のこんな日は、思い出す

私が高校生の時、雨の日は父が駅まで送ってくれたことを小雨

家から駅までは約4キロ

それはとても当たり前のように、雨が降ると父と私のドライブだった

車が好きだった父は、お洒落な車に乗っていた

駅で待つ友人が ‘送ってくれた人は彼?‘

と、聞いてくるほどその頃の父は若かった

雨の音を聴きながら、懐かしい風景を思い出した

 

雨に濡れたエニシダも

そんな私を優しく見つめているように見えた

 

 

 

お問い合わせはこちらから