住宅全体の景観から防犯対策、趣味まで、幅広く実現できるのが外構工事

外構工事をしないことで出てくると考えられる、不満点や不安な部分をまとめてみましょう。

・土のままだと……
 景観が悪い(他人を家に招待しづらい)
 雑草などが生えて手入れが大変になる
 雨の日に泥がはねて玄関や靴などが汚れてしまう
 砂埃で窓や車が汚れたり、近隣に迷惑が掛かることがある

・塀やフェンスなどの目隠しがないと……
 家やお庭のプライバシーを守りにくい

・カーポートやガレージがないと……
 日差しや霜など、車が傷む原因を防ぎにくい
 車を窃盗やいたずらから守りきれない(防犯の面で弱さがある)

―外構工事をすることで、悩みが解決できる・問題を未然に防げるとも言えますね。

そうですね。外構には「大事なものを守る」役目もあります。
駐車スペースに関しては、計画性がないとご家族が車を買い足した時や、来客時に困ることも考えられます。
現状だけで考えず、20〜30年後も視野に入れて計画すると失敗がないと思います。

また、ライフスタイルの変化や日常をより豊かにしたいといった意識で外構工事を依頼される方もいらっしゃいます。
「定年退職したからガーデニングや家庭菜園を楽しめるようなお庭にしたい」というニーズも、かなり多いです。

他にも、お庭でピラティスやゴルフ練習を楽しみたいから、それに合わせたつくりにしたい、などのご要望もあります。

―ご自分やご家族の楽しみを実現するのにも、外構はとても役に立つんですね。

人気記事



記事一覧を見る
PAGE TOP